必ず儲かると勧められて情報商材を購入したが全く説明と違うので返金して欲しい

情報商材の現実を徹底的に解説します。情報商材は「必ず儲かる」と謳われることが多いですが、実際には詐欺まがいのものがほとんどです。

「情報商材を買ってみたけど儲からなかった」
「なぜ儲からなかったのか知りたい」
「返金請求の方法を知りたい」

本記事では、情報商材の落とし穴や実際の被害事例、そして詐欺の手口を詳しく説明します。

購入した情報商材が全く役に立たなかった場合の返金請求の方法についても紹介します。

さらに、「儲かる情報を販売する矛盾」についても深掘りし、情報商材販売者の実態や高額商材の実態について解説します。

情報商材の現実

情報商材は、特に「必ず儲かる」といった宣伝で多くの人を引きつけます。しかし、その中には多くの落とし穴があります。

例えば、商材の内容が非常に薄く、実際に役立つ情報がほとんど含まれていないことが多いです。

情報商材の落とし穴

情報商材を購入すると、高額な費用を払ったにもかかわらず、得られる情報は既にインターネットで無料で手に入るものばかりです。

また、商材販売者はよく「初回特典」「限定」や「特別価格」といった広告手法を使って、消費者を急かすことが多いです。

こうした手口には十分に注意が必要です。

実際の被害事例

情報商材の被害は具体的な事例を見れば一目瞭然です。

「月収100万円を稼げる」と謳う情報商材

例えば、ある30代の男性は、「月収100万円を稼げる」と謳う情報商材を購入しました。しかし、実際にはその商材にはビジネスの基本的な知識しか書かれておらず、具体的な方法は全く示されていませんでした。

さらに、その商材には高額なコンサルティングサービスへの誘導も含まれており、最終的には100万円以上の費用を支払う羽目になりました。

このような事例は少なくありません。国民生活センターには、情報商材に関する相談が毎年数千件寄せられています。

情報商材について相談件数の推移

年度 相談件数
2020 7,232
2021 9,428
2022 6,848
2023 635(前年同期:715)

※2023年5月31日時点

出典:情報商材(各種相談の件数や傾向)国民生活センター

情報商材詐欺の手口

情報商材詐欺にはいくつかの典型的な手口があります。

一つは、SNSや広告を利用して消費者の興味を引き、「今だけ特別価格」といった手法で急かす方法です。これにより、多くの人が冷静な判断をする前に購入を決めてしまいます。

また、契約後に返金を求めても「契約の解除は不可」と言われるケースも多いです。

このような詐欺に遭わないためには、情報商材の購入前にその販売者の評判をよく調べることが重要です。

信頼できるサイトや消費者センターに相談することも有効な対策です。

情報商材は一見魅力的に見えますが、その実態は詐欺的なものが多く含まれています。十分な注意と情報収集を行い、絶対に購入しないようにしましょう。

返金請求の方法

情報商材を購入したけれども全く儲からなかった場合、返金請求をすることが可能です。

ここでは、返金請求の方法について説明します。

購入した商材の内容を確認する

まず、購入した情報商材の内容を確認しましょう。

購入時に約束された内容と実際の内容が一致しているかを確認することが大切です。約束された収入やビジネスモデルが実現されていない場合、返金請求の理由になります。

証拠として、購入時の契約書やメール、広告ページのスクリーンショットを保存しておきましょう。

消費者センターへの相談

消費者センターに相談することも有効です。消費者センターでは、情報商材に関するトラブルに関するアドバイスを受けることができます。

ただし、消費者センターはアドバイスのみで、実際の返金手続きは行いません。

具体的な手続きや方法についての指示を受け、次のステップに進む準備をしましょう。

イーライフ司法書士法人に相談する

返金請求を確実に進めるためには、専門家の力を借りるのがおすすめです。

イーライフ司法書士法人では、情報商材に関する返金請求を専門に扱っています。完全成功報酬制で、相談料や着手金が無料なので、安心して依頼できます。

LINEやメールで24時間相談可能で、全国対応しています。豊富な実績を持つ専門チームが迅速に返金請求を進めてくれるので、早期解決を目指せます。

情報商材で儲からなかった場合、イーライフ司法書士法人に相談しましょう。誰にも知られずに、24時間対応で迅速に返金請求を進めます。

専門家に相談して安心を取り戻そう

儲かる情報を販売する矛盾

情報商材は「儲かる」と宣伝されることが多いですが、実際にはその内容や価値に疑問が残ることが少なくありません。

情報商材の販売者の実態や高額商材の本当の価値、そして真実を知るための方法について説明します。

情報商材販売者の実態

情報商材を販売する人々は、多くの場合、自分たちが成功した方法を教えると主張します。

しかし、その多くは証拠のない誇張された内容であることが多いです。

SNSや広告で「簡単に儲かる」といったメッセージを広め、消費者を誘惑します。購入者は、高額な料金を支払った後に、期待した結果が得られずに後悔するだけです。

そもそも儲かる情報を知っているのであれば、情報を売らずに自分で実践すればよいだけです。

高額商材の実際の価値

高額な情報商材には、価格に見合う価値がありません

例えば、数万円から数十万円を支払ったにもかかわらず、得られる情報は基本的なビジネス知識やインターネットで無料で手に入る内容だったりします。

購入後に「こんな内容でこの価格は高すぎる」と感じることが少なくありません。

真実を知るための方法

情報商材を購入する前に、信頼できる情報を集めることが重要です。以下の方法で真実を確認しましょう。

  • インターネットのレビューや評価をチェックする
  • 購入前に内容の一部を見せてもらう
  • 消費者センターに相談する
  • 専門家にアドバイスを求める

ただし、レビューにはサクラが紛れ込んでいることがほとんどです。

これらの手段を活用することで、詐欺的な商材を避け、実態を知ることができます。

イーライフ司法書士法人は、こうしたトラブルから消費者を守るためのサポートを行っており、返金請求の手続きを迅速に進める専門家です。安心して相談し、被害を最小限に抑える手助けを受けましょう。

情報商材の返金請求は、イーライフ司法書士法人に相談しましょう。完全成功報酬制で安心して依頼でき、迅速に返金請求を進めます。

高額な情報商材でお困りですか

情報商材詐欺の手口を見抜く方法

情報商材詐欺の手口を見抜くことは、被害を未然に防ぐために重要です。

典型的なキャッチコピーや過度なマーケティング、特商法の記載がないWEBサイトについて説明します。

典型的なキャッチコピー

詐欺的な情報商材は、「誰でも簡単に月収100万円!」などの典型的なキャッチコピーを使います。

よくあるキャッチコピー

  • 「わずか1ヶ月で〇〇万円!」
  • 「初心者でも安心」
  • 「特別なスキルは不要」
  • 「今だけ限定価格!」

これらのキャッチコピーは、夢を売ることで多くの人を引きつけますが、実際にはほとんどの人がそのような収入を得ることはできません。

過度なマーケティング

過度なマーケティングも注意が必要です。頻繁にSNSや広告で「限定」「特別価格」などを強調し、急かすような手法を取ることが多いです。

これにより、冷静な判断ができなくなり、詐欺に遭うリスクが高まります。

特商法の記載がないWEBサイト

特定商取引法(特商法)の記載がないWEBサイトも危険です。

正規の販売サイトは、販売者情報や返品・返金に関する情報を明記しています。これがないサイトは信頼性に欠けるため、購入を避けるべきです。

情報商材詐欺に遭わないためには、これらのポイントに注意することが重要です。しかし、すでに被害に遭ってしまった場合は、イーライフ司法書士法人に相談することで迅速な返金請求を進めることができます。

専門家のサポートを受けて被害を回復しましょう

まとめ:情報商材詐欺の対処法

情報商材を購入して騙されてしまった場合、すぐに対処することが重要です。

以下の方法で、被害を最小限に抑えましょう。

被害状況をまとめる

被害に遭った場合、まずは状況を整理しましょう。以下の情報をすべてまとめます。

  • 購入した商材
  • 契約書
  • 支払った金額
  • 相手の連絡先
  • メールや広告ページのスクリーンショット

証拠が多いほど、後の返金請求がスムーズになります。これらの情報を整理して保存しておきましょう。

返金請求する

被害状況をまとめたら、次に返金請求を行います。消費者センターに相談することも有効ですが、具体的な返金手続きは行ってくれません。

返金請求を行う場合は、イーライフ司法書士法人に相談しましょう。彼らは完全成功報酬制で、迅速に返金請求を進めてくれる専門家です。

LINEやメールで24時間対応しているので、いつでも相談できます。

二次被害を防止する

最後に、二次被害を防止するために注意しましょう。

再び同じような詐欺に遭わないために、信頼できるサイトや専門家に事前に相談することが重要です。また、SNSや広告で「簡単に儲かる」といった宣伝には十分注意し、冷静に判断することが大切です。

一度情報商材を購入してしまうと、同様のインチキ商品を勧められやすくなります。

これにより、さらなる被害を防ぐための注意が必要です。

情報商材詐欺に遭った場合、迅速に対処することが被害を最小限に抑える鍵です。イーライフ司法書士法人に相談することで、安心して返金請求を進めることができます。

早めの相談が返金請求のポイントです

情報商材や副業スクールに支払ったお金は返金請求できます

イーライフ司法書士法人なら完全成功報酬制なので費用がない場合でも依頼出来ます。

仮に利益が出ていても、情報を受け取っていても返金請求をして支払ったお金を取り戻せる可能性があります。

イーライフ司法書士法人に依頼するメリット

情報商材やアフィリエイト塾に返金請求をする際、イーライフ司法書士法人には次のようなメリットがあります。

守秘義務

司法書士には守秘義務がありますので、家族や知人には知られたくない場合でも、被害に遭った事も誰にも知られずに解決できます。

返金請求対応の専門チーム

相談内容について、豊富な実績を持つ専門チームが依頼者に代わり返金請求を行ないます。

迅速・スピーディーな返金請求

専門チームが返金請求を迅速に完結させ、スピーディーに結果を知らせてくれます。

解決までの流れ

  • 無料相談
  • 委任契約
  • 返金交渉
  • 解決

依頼の内容によって違いますが1~3か月程で解決となるケースが多いです。被害に遭ってからの期間が短ければ短いほど解決する可能性が高いので、少しでも早く相談しましょう。

ご相談は無料です、実際に返金された場合にのみ成功報酬が発生します

早期相談が返金成功の鍵になります